スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

愚者の恋

JUGEMテーマ:小説/詩


だからあれほど言ったじゃない
あんな男はやめときなって

1度目は
一番そばにいてほしいと願う人の愛情を疑って

恋の駆け引きを楽しませてくれる
上っ面の優しさと心地い言葉を垂れ流すだけの
中身のないあいつに流されて
楽な方に逃げて

大切な人を裏切った事実に長い間苦しんだこと忘れたの


2度目は
恐ろしいほど絶妙なタイミングだった

そばにいてくれる人と長く連れ添って
お互いが空気みたいになってまた愛情の所在を見失いかけたとき

再び現れたあいつの強引な言葉に溺れて
忘れかけた恋を取り戻すようにのめっていくアンタは

一人の女の顔になっていた

こんな時に周りがどうこう言おうが耳に入らないのは分かってる
分かってるけど

必ず傷つくアンタを思うと
言わずにいられなかった

案の定
上っ面の言葉に溺れて飛び込んで
心無い男に恋心も自分自身も踏みにじられて

また大切な人を裏切ってしまった事実だけがアンタを苦しめてる


ねえ分かってるの?

あいつはね
アンタと終わった後
何食わぬ顔で家に戻って
夫の顔で
父の顔で
穏やかな毎日を送ってたんだよ

アンタは
あいつと終った後
大切な人と言葉を交わすたびに
愛しい人の寝顔を見るたびに

何かが自分の内側から少しずつ削り取られていく激しい痛みと後悔と

それでも
心と体を持っていかれるような甘い囁きを
どうしようもなく求めてしまう悲しいほどの女の性(さが)に

苦しくて身をよじっていたのにね

愚者の恋だと
始まる前から決まってたのに


電話口で声が震えるのを懸命に抑えてアンタが言った
「もうあんなやつ好きでも何でもない」



私はそれが悲鳴に聞こえた

 



 
共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ

パズルの1ピース

JUGEMテーマ:小説/詩



性格も相性もどことなく合わないと思っていた

きっと私とあなたはこの先も対になれない

もっと合う人が他にいるんじゃないかって
ずっと思っていた


だけど
年を重ねるごとにお互いの尖ったところが少しずつ削られて
いつの間にか緩やかに寄り添うカーブ


もしあなたを先に失って
心に埋まらない穴が開いたとしたら

あなたを選んだ私の人生は上々なのかもしれない

 



 
共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ

幕間の恋

JUGEMテーマ:想い詩


呆れるほど正直な欲求を満たした後
後ろめたさを隠すように君が呟いた


出逢う時期が違っていれば…


利己的で古典的な台詞に

初めての恋よりも甘く強く
心の芯が痺れた

人ってどうしてこんな簡単に
馬鹿になれちゃうんだろう


恋物語のヒロインは
既に舞台に立っているのに

脇役の私は
届かない想いに上手な幕引きの仕方が分からない


 

 
共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ

夜桜

グラスビールが少なくなった頃
夜桜を見たいと君が言った

お互いに帰りを待つ人がいる隙間をぬって
久しぶりに逢えた時間を
このまま終えてしまうのがもったいなくて

ほろ酔いの君の思い付きに
一も二もなく頷いた

まだ春浅い宵の口
七分咲きの桜の下

君と肩を並べて歩く

砂利を踏む音と小さな息づかい
つないだ手の乾いた感触

何か話さなきゃ
そう思うのに言葉が出ない

桜が途切れた
君との終わりが近づく


どれほど綺麗な花をつけても
時が過ぎれば跡形もなく散ってしまう

君は
二人の間にある気持ちを桜に託したの



※2008年3月の記事を少し言葉を変えて編集しました。

ブログランキングに参加しています。
良ければ1クリックお願いします(*´艸`)
にほんブログ村 ポエムブログへ
JUGEMテーマ:ポエム

 

くちづけ

JUGEMテーマ:想い詩


短くつながった唇が
離れた瞬間

涙がこぼれた

ほんの1年前
幸せすぎて涙が出ることを知った

今夜
君のウソに気付かないふりをして目を閉じる自分がみじめで涙が出る

私の頬を伝う涙を指でそっと拭いながら
動揺を隠しきれない君の表情

息をするたびに体中の骨が軋むほど苦しいのに
こんなに苦しいのに
それでも手放せずにいる

執着なのか恋なのかそれさえも見失ったまま


 

 


 
共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ

シェルター

JUGEMテーマ:想い詩


本当に最後なんだね
これで

いろいろシミュレーションはしてたのに
いざその言葉を耳にした瞬間

君とのこれまでの日々が跡形もなく消えていく崩壊の白と
これからの日々に君がいない絶望の黒が

稲妻のように一瞬で私の心を引き裂いた


君と話すのはこれが最後なのに
少しも実感が持てなかったのは

きっとこれは悪夢なんだと
思考が硬いシェルターを作って

内側から二度と開かないような重い扉を閉めたから

そうでもしないと
あの場に立ってることさえできなかった

シェルター越しで聞いた君の声は
それでも

優しく残酷で
これから先もずっと私に悪夢を見せるんだろう


 

 


 
共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ

切望

JUGEMテーマ:想い詩


君の勢いだけの安い言葉を鵜呑みにするほど

私ね
子どもじゃないんだ

でもね
その言葉のどこかに
わずかでも良いから本当の気持ちが混じってて欲しいと
強く
強く願ってしまうほど

私ね

君でいっぱいなんだ…

 


 
共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ

恋だと決定付けるもの

JUGEMテーマ:想い詩



ブランクが長すぎて忘れてた


誰にも言わずにいた想いを
誰にも言えずにいた気持ちを

思わぬところで指摘された瞬間

無言で抵抗し続けてたのに
必死で引き留めていたのに


もう
恋だと認めるしかなくなってしまうことを

報われない
苦しい恋だということを


 


 
共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ

素っ気ない温かさ

JUGEMテーマ:小説/詩

子どもの登下校の状況を通知するメール
私にはただの連絡メール

だけど
少し遠くに住んでてなかなか会えない貴女にとって
毎朝送られてくる「校門を通過しました」という素っ気ない一文は
違う意味を持つようになった

「あぁ、今日も元気に学校行ったんだね。私も頑張らなきゃ」って
励まされてる

それを聞いて
胸がいっぱいになった

ただのメールが温かみを持つこともある

そんな風に思ってくれる貴女の温かさに泣きそうになった


 
共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ

誕生日おめでとう

JUGEMテーマ:想い詩

誕生日おめでとう

今年も君の笑顔が見られた
いつも怒ってばかりでごめんね

拗ねた顏
笑った顏
泣いた顏

その一瞬を切り取って心に留めておきたいのに
去年より一つ成長した君に重なるあの頃の幼い君が
どんどん遠くへ行ってしまう

もうすぐこの手を離して
自分の足で歩きだすんだろうね

寂しさを飲みこんで
君の背中を見送る日がもうそこまで来てると思うと

ふと胸がギュッと痛んだ

かつては自分が通った道だった
きっと
母もこんな気持ちだったんだろうか

晴れやかで切なくて
意味もなく涙がこみ上げるような


年を取ると涙もろくなるって言うけど
本当にそうだと思った

君の誕生日



 
共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ
▲top