ここに載せている詩は全てsoraのオリジナルで、著作権はsoraに帰属します。
著作権は放棄しません。
※画像や絵はリンクフリーのものを利用している場合があります。※

無断コピー・転用は固く禁じます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< 名残 / main / もしも君じゃなかったら >>
さよならサワー

JUGEMテーマ:想い詩

 

最後の夜を

通い慣れた居酒屋でなんて

 

あなたと私らしいね

 

 

すすけた暖簾をくぐって

大将に「まいど!」って声をかけられて

 

 

カウンターに座って

瓶ビールを頼むあなたと

サワーを頼む私

 

とりあえずで頼んだおつまみが並ぶと

私がいつものようにあなたのグラスにビールをついで

 

ちりんと小さくグラスを合わせて乾杯

 

居酒屋独特の雑多な空気の中で

ちっともお別れムードにならなくて

 

いつもの外ご飯みたいで

時々笑いあったりして

 

しんみりなんて

それこそ的外れだよね

 

楽しかったよ

ありがとう

 

 

この店を出たらあなたは右へ

私は左へ

 

もう二度と

同じ場所に帰ることはない

その寂しさと切なさが身に沁みるのは

 

もう少しサワーの酔いが醒めてから

 

さよなら

さよなら

 

「またね」はないから

 

あなたに背を向けて

 

涙が伝った

 

 

 

 

 

共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓
ポエムブログ
/ 21:43 / 切ない詩(うた) / comments(0) / - /
スポンサーサイト
/ 21:43 / - / - / - /
COMMENT