スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

磁極反転

JUGEMテーマ:想い詩

 

 

ねぇ

座ってる彼女の後ろで手をつないでくるとかやめてよ

 

部屋を出た私の後をついてきて

彼女にバレないように物陰で抱きしめるなんて

使い古された恋愛小説のネタみたいで気恥ずかしくなる

でも

強引に腕を引かれ

君の体温が移った柔らかいTシャツに抱きとめられた瞬間

背の高い君の鎖骨のあたりに額を押さえつけられた瞬間

 

骨ばった指先が

髪の中に滑り込んで少し汗ばんでる首筋をそっと撫でた瞬間

 

振りほどこうと思えばそうできたのに

 

許されるなら

しばらくこのままいて良いかな

 

なんて

思ってしまった自分が

安い小説のヒロインみたいで笑ってしまった

 

君は背徳の共有を私が承知したと勘違いしたみたいだけど

そうじゃないよ

私の気持ちなんてとっくに見透かしてた君が

少しも酔ってないくせに酔ったふりで

 

密かな期待をさらっと叶えてくれたことが

哀しくて幸せで笑ってしまったの

 

好きになっちゃいけないって思えば思うほど

君に引き付けられるなんて

哀しくて切なくて

だけど泣くのは筋違いと分かっていたから

 

ただ笑うしかなかったの



ブログランキングに参加しています。
良ければ1クリックお願いします

にほんブログ村 ポエムブログへ
JUGEMテーマ:想い詩

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -

COMMENT

▲top