ここに載せている詩は全てsoraのオリジナルで、著作権はsoraに帰属します。
著作権は放棄しません。
※画像や絵はリンクフリーのものを利用している場合があります。※

無断コピー・転用は固く禁じます。
<< 嘘つき / main / 解凍 >>
光射さぬ場所に
無意識にでさえ言葉に毒をはらむ

あなたはそういう人


蛇がじわじわと首筋を這うような
酷い不快感に苛立つ自分を悟られぬよう

視線を頬の辺りに漂わせ
ただ口角を引き上げただけの笑顔で

当たり障りなく
感情をぼかして相槌をしてあげる


そう

私が「してあげてる」ことに気づかない

あなたの
その愚鈍さが吐き気がするほど嫌い


この嘘臭い笑みに「侮蔑」を付け加えて
あなたに披露してもいいんだけど

後が面倒だから
あえてしないだけ



光射さぬ心の奥の方
闇に潜む醜い感情が私を蝕み始めてる





共感してくださったら1クリックお願いします。
更新の励みになります。
  ↓↓↓ポエムブログ

/ 23:08 / 毒を含む詩(うた) / comments(2) / - /
スポンサーサイト
/ 23:08 / - / - / - /
COMMENT
> k aoiさんへ

そうなのよね。。
嫌いの感情って相手のあら捜しじゃないけど、目に付いて余計に
嫌いになって・・って悪循環。

当たり障りなく回避して、その影でどす黒い感情が鬱積していく
自分自身も嫌いになっていく危険があります。(;´Д`A
/ sora** / 2008/09/03 7:47 AM /
人を嫌うときってどうしてもなんかがどす黒く自分を蝕むよね・・・
でもほんとどうしようもないほど嫌いでどうにもならん
縁をぶちきっても良いんだけど、その後がめんどいって気持ちよくわかるよ
/ k aoi / 2008/09/02 9:55 AM /